イタリアにおける家賃事情

イタリアにおける家賃事情

現地のイタリア人学生のケース、日本国内の学生のようにワンルームアパートを借りる事は殆ど無く、学生同士でアパートをシェアするのが一般的です。ローマについては、市内の一等地以外では、そこまで高くはないのです。

このようにイタリアの家賃は大いに高く設定されている事がわかると考えます。俗に北部が切っての高めの相場となっており、次いで中部、そしてナポリから南部については低くなります。

言うまでもなく、立地や他にの条件によっては、700ユーロでは収まらない事も多くありますのでご配慮ください。イタリアにおける家賃事情のポイントについてご解説していきます。

要件によって異なってきますが、都市部でワンルームアパート(Monolocale)を賃貸で借りるとなりますと、月々700ユーロ前後必須になるのは決心しておいた方が最善かもしれません。この事から、イタリア北部にある大都市の一つミラノの家賃が非常に高く設定されているのはもちろんの事かもしれませんが、前提がほぼ同等の物件であったとしても、ローマとイタリア北部の地方都市で家賃を対比した事例、イタリア北部に行けば行くほど家賃が高くなっていく事も更々新鮮事ではないのです。

東京の家賃と対比してみますと、イタリアの中心部は同等かそれ以上必須になってくる事が多々あるため、イタリアの家賃は相当峻絶という事がわかります。